So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

CDの塩ビ焼け [紙ジャケCD]

先日、久しぶりにROLLING STONESの『12×5』のCDを再生したところ、2曲目で音飛びが発生しました。
IMG_20190210_0002.jpg
これは2006年発売の紙ジャケCDです。
このCDを聴くのは数年ぶりでしたが、購入してからは数回しか再生していません。
盤面に傷があるとは考えにくかったのですが、確認のために見てみると見事なくらい盤面が曇っていました。

これは塩ビ焼け(ビニール焼け)です。
古い輸入レコードで見受けられる現象ですが、レコードの内袋がビニール製の場合、ビニールの可塑剤が化学変化で悪さをしてレコードの盤面を曇らせてしまいます。
この現象が発生してしまうとノイズの原因になりますし、いくらクリーニングしてもレコードの盤面は回復しません。

しかし、塩ビ焼けは国内盤だとあまり見ることがありません。
国内のビニール製内袋には以前から塩ビ焼け対策が施されていると聞いたことがあります。
どういうわけかは分かりませんが、この紙ジャケCDのビニール製内袋は未対策品だったのでしょうか・・・

そんなことを嘆いていても仕方ありません。
元のビニール製内袋は別の物と交換して、CDはクリーナーで盤面を磨いてみることにしました。
CDなら表面の曇りさえ軽減出来れば再生が可能になりそうです。

そこで登場したのが、買ってから一度も使ったことの無かったオーデイオテクニカのCDクリーナー AT6036です。
P2090005.JPG

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

第5回札幌レコード店ツアー 2019 [レコード店]

先日、いつもお世話になっている音楽ブログ『analog Beat』の管理人であるJDさんとご一緒に、札幌市内のレコード店回りをしました。

JDさんと札幌市のレコード店回りをするのはこれで5回目です。
実はブログの記事にしていなかったのですが、JDさんとは昨年の同じ時期にも「第4回札幌レコード店ツアー 2018」を敢行していました。

今年も昨年とほぼ同じルートでレコード店を訪問しました。

最初に訪問した店は、地下鉄東西線南郷通7丁目駅近くの「文教堂書店」(白石区南郷通8丁目北1-5)です。
文教堂書店は店舗の半分で古本、残りの半分で中古レコード・CDを扱っているのですが、パッと見ではとてもレコードを扱っているお店とは思えません。
しかし、ここは意外な掘り出し物が出てくることがあるお店です。
今回購入したのはこの盤です。
P9210001.JPG
ALBERT KINGの『YEARS GONE BY』です。
これはUSオリジナル盤か2ndプレスだと思われます。
元々の価格は1200円でしたが、持っていた200円の割引券が使えました。
他にも欲しい盤がいくつかあったのですが、最初の1店舗目から荷物を重くしてしまうのはどうかと思って自重しました。

昨年は文教堂書店から徒歩10分くらいの場所にある「サイクルレコード」(白石区本郷通(南)5丁目南4-18)も訪問したのですが、今年は時間が無かったので行きませんでした。
この店は日を改めて訪問したいと思っています。

その後、文教堂書店から歩いてすぐの場所にあるスープカレーの老舗店「マジックスパイス」(白石区本郷通8丁目南6-2)で昼食にしました。
昨年もこの店で食事をしたのですが、JDさんとは昼にスープカレーを食べるのが恒例行事になっています。

昼食後は、札幌市電の東屯田通り停留所近くにある「音楽創庫タナカ 」(中央区南22条西9丁目1-38電車通り)に移動します。
ここはマニアやコレクターの処分品など掘り出し物が期待できる店ですが、今回もそれはありました!
P9210003.JPG
『THE MOTOWN REVUE VOL.2』です。
USオリジナルのモノラル盤で、価格は驚きの800円でした!
これは再発盤だとしても安い値段です。
通常、オリジナル盤でこの状態なら4倍以上の価格が相場でしょう。

このお店で驚いたのは、混み合っていた店内に外人さんがいたことです。
札幌でも狸小路商店街の店なら外人さんがいても不思議ではありませんが、こんな場所(失礼!)にまで出向くとはびっくりしました。
昨今のレコード・ブームは地方店舗にも波及しているのでしょうか。

続いて、札幌市のレコード店密集地区である狸小路商店街に移動します。

まずは、狸小路1丁目近くにある「ファイブ・ワン」(中央区南2条西1丁目第3広和ビル2F)を訪問しました。
ここは札幌市内で最も新しくオープンした店で、地下鉄南北線平岸駅の近くにある「Page ONE」の姉妹店でもあります。
JDさんはこの店で数枚のレコードを購入されていましたが、私の収穫はありませんでした。

次は狸小路2丁目にある「KING KONG」(中央区南3条西2丁目)です。
ここで購入したのはこの盤です。
P9210002.JPG
ERIC BURDON & WARの『LOVE IS ALL AROUND』です。
帯付きの国内盤で元々の価格は1000円でしたが、10%割引のセール期間中だったので購入価格は900円でした。

続いて訪れたのは「Beat Records」(中央区南2条西4丁目)です。
このお店では新入荷が数多くあったのと、売れ残りの商品が大幅値下げになっていたので、非常に見ごたえがありました。
そんなわけで、ここでは3枚のレコードを購入しました。
P9210006.JPG
まずはJIMMY SOULの『IF YOU WANNA BE HAPPY』です。
USオリジナル盤のモノラル盤で、価格は2000円でした。
これは前から探していたアルバムですが、2000円という値段は格安です。
しかし、残念なことに盤面の状態はあまり良くありませんでした。
それでも音質にはそれほど影響がなかったので、購入して良かったと思います。

P9210005.JPG
次は『MOTOWN REVUE IN PARIS』です。
これもUSオリジナル盤で価格は1800円でした。
しかし、疑似ステレオ盤だったので少し躊躇しましたが、話のネタに購入してみました。
この疑似ステレオはまだ許容範囲内の音でした。

P9210004.JPG
最後は、THE WAILERSの『THE FABULOUS WAILERS』です。
NORTON RECORDSからの再発盤で、価格は500円でした。
このアルバムはNORTON盤のCDも持っていますが、この値段なら買っても良いでしょう。

狸小路商店街の最後は、狸小路7丁目にある「フレッシュ・エアー」(中央区南2条西7丁目)に行きました。
ここは札幌の有名店舗(?)です。
店内は混雑していましたが、ここでの収穫はありませんでした。
やはり、この店の価格は少し高いように感じます。
これまで私が購入してきたレコードの最高金額は2000円でしたからね。

「フレッシュ・エアー」を出た時点で時刻は午後6時半でした。
ちなみにJDさんはここまで10枚以上のレコードを購入されていました(笑)
元々の予定では地下鉄南北線平岸駅の近くの「Page ONE」に行こうと思っていたのですが、Page ONEの営業時間は午後7時までです。
そのため、地下鉄南北線北18条駅近くの「楽音舎」(北区北18条西5丁目)へ行くことにしました。
楽音舎の営業時間は午後8時までです。

しかし、楽音舎まで行ってみると、どういうわけか店が閉まっていました。
まだ時間は午後7時くらいだったのに・・・
(失礼ながら)店が潰れてしまったのかと心配したのですが、どうやら店主がレコードの引き取りに出かけていただけのようです。

というわけで、今回の札幌レコード店ツアーで営業時間中に訪問したのは全6店舗でした。
個人的には今までの中で今回の収穫が一番良かったように思います。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

2018年最後の買い物 [レコード店]

今年はレコードやCDをあまり買わない年でした。
そんなこともあって、地元のレコード店での買い物は数回しか行っていませんでした。

しかし、昨日は休みだったので、札幌市中央区の狸小路商店街周辺の「ファイブ・ワン」、「KING KONG」、「BEAT RECORDS」、「フレッシュ・エアー」と、地下鉄南北線北18条駅近くの「楽音舎」を訪問してきました。

今年最後の収穫は「ファイブ・ワン」で購入したレコード2枚と、「楽音舎」で購入した2枚でした。

まずは、「ファイブ・ワン」で購入した2枚です。
PC290009.JPG
GROUP THERAPYの『PEOPLE GET READY FOR GROUP THERAPY』と、
PC290008.JPG
ASSOCIATIONの『INSIGHT OUT THE ASSOCIATION』です。
どちらもUSオリジナル盤で、前者はステレオ、後者はモノラル盤でした。

GROUP THERAPYは後にKGBなどに参加するRAY KENNEDYが在籍していたグループですが、元の価格は2800円でした。
これは以前から目を付けていた商品でしたが、2800円はちょっと高いと感じていました。
しかし、「ファイブ・ワン」では年末・年始のセールを行っており、2000円以上の商品は3割引き、2000円未満の商品は半額になっていました。
そのため、GROUP THERAPYは1960円、ASSOCIATIONは400円(!)という値段でした。
勿論この値段なら迷わず買いました。
ASSOCIATIONのは持っていなかったアルバムで、背表紙全体に割れがありましたが盤面はきれいです。
背表紙の割れは修復できる状態だったので、非常にお買い得だったと思います。

狸小路周辺にある残り3店舗での収穫はありませんでした。
ちなみに「KING KONG」と「フレッシュ・エアー」でも2割引きセールをやっていました。

続いて、「楽音舎」で購入した2枚です。
PC290007.JPG
MARVIN GAYE & MARY WELLSの『TOGETHER』と、
PC290006.JPG
MIRACLESのベスト・アルバム『GREATEST HITS FROM THE BEGINNING』です。
どちらも80年代初頭の再発盤で、前者が980円、後者が1480円でした。
「楽音舎」でも5000円以上の購入で2割引きのセールをやっていました。

以上が今年最後の買い物でした。
どれも持っていなかったアルバムなので、まずまずの収穫だったと思います。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

キワモノレコード [業務連絡]

以前、当ブログで『怪しいビート・ブーム便乗企画盤』という非常にどうでもいい内容の記事がありました。

私はそういった怪しいレコード業界(?)でメジャーとされる、
P9140002.JPG
これらのアルバムや、
P9140001.JPG
マイナーなこのアルバム、どちらも気に入っています。
P7220007.JPG

これらのアルバムに音楽的な価値は少ないかもしれませんが、色んな意味で聴いていて楽しくなれる(または笑える)のも事実です。
それに、こういったレコードがあってこそのビートルズ・ブーム、ブリティッシュ・ビート・ブームだと個人的には思います。
どんな音楽ブームにもピンからキリまでありますが、BEATLESを最高峰だとすると、これらのアルバムは間違いなく最底辺です。
しかし、最底辺があるからこそ、最高峰の良さも引き立つというものです。
BEATLES好きの方にこそ、こういったレコードを聴いてほしいとかなり本気で思っています(笑)

続きを読む


nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

北海道の地震 [雑記]

木曜日の早朝に大きな地震がありました。

私の自宅でも震度5強の揺れがありました。

個人的には東北の震災でこれ以上に強く長い揺れを経験しましたが、北海道でこれほどの大きな地震は初めてのことです。

幸いなことに私の家で大きな被害はなく、CDやレコードの棚も倒れることなく無事でした。

しかし、今後も大丈夫かというとそんな保障はありません。
特にレコード棚が倒れると大変なことになります。
人に直撃すると命にかかわります。

これを機会に何らかの対策を考えなければいけませんね。
P9080002.JPG
CDの棚は複数ありますが、固定しているのは1つだけです。
P9080004.JPG
レコード棚。これが最も危険です。


nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:音楽

自分の記事にコメントできません。 [雑記]

ひとつ前の「ゲキレア?」の記事で、自分のコメントが何故か全く反映されません。

So-netブログは不思議なブログです。

naoさん、せっかくコメントを頂戴したのに申し訳ございませんでした。
本当は下記のようにコメントをお返しするつもりでした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ギガレア? [独り言のようなもの]

最近はあまり某ヤフーオークションを利用することがありません。
たまにブリティッシュ・ビートや60年代のガレージ・バンドなどの安いUS盤があれば、試しに手を出す程度です。
それでも市場価格の確認のため、定期的にチェックするようにしています。

そんなヤフオクで最近やたらと目につくのが、「ギガレア」、「高音質」、「奇跡マト1」、それに「●洗浄」(?)など、大げさな感じのキャッチコピーです。

それが本当の事なら全く問題は無いのですが、かなり疑わしい場合も多いです。
しかも、それをプロの出品者がやっているから始末が悪いです。
明らかに確信犯でやっているんですからね。

先週、その気になる出品者さんがブリティッシュ・ビート系のアルバムを出品していました。

出品価格は8000円でしたが、そのまま落札されずに終了してしまったようです。
個人的には、そのアルバムが8000円だと少々高いと感じてしまいます。
しかし、それを言葉のマジック(?)で売り切ってしまおうと考えていたようです。

私はちょうど先週末にそのアルバムを聴いていたので、ちょっとだけ説明文にツッコミを入れてみます。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

7月の買い物 [eBay]

7月は実店舗で購入したレコードが1枚もありませんでした。

私はできるだけ実店舗でレコードを購入したいと考えているのですが、先月はそのような時間が全くありませんでした。

下記のレコードは全てeBayか国内のネットオークションで購入した物です。

まずは、マージー・ビート最初期のアルバムであるHOWIE CASEY AND THE SENIORSの『TWIST AT THE TOP』です。
P8110010.JPG
これはよく見かけるWINGレーベルの廉価盤ではなく、オリジナル・ジャケットのFONTANAレーベル盤です。
CDでは既に持っているアルバムですが、意外と安い値段なので購入してしまいました。
このアルバムについてはそのうち単独の記事で取り上げたいですね!

『LIVERPOOL BEAT』は『TWIST AT THE TOP』と同じ出品者から同時購入しました。
P8110017.JPG
よくあるマージー・ビートのカバー企画アルバムですが、このアルバムは全く知りませんでした。
P8110020.JPG
歌っている人達についてもあまり知りません。
P8110018.JPG
THE TYPHOONSはヨーロッパのどこかの国で、出稼ぎアルバムを出していたと記憶しています。
P8110019.JPG

IAN WHITCOMBの3rdアルバムは未所有でした。
P8110016.JPG

THE NEW VAUDEVILLE BANDはUS盤を所有していましたが、UK1stと2ndは未所有でした。
P8110012.JPG

P8110013.JPG
IAN WHITCOMBもそうですが、このような古いミュージック・ホール風の音楽は嫌いではありません。

BIG JIM SULLIVANの『SITAR BEAT』はUSオリジナルのモノラル盤です。
P8110014.JPG
これもCDで持っていましたが、好きな作品なので購入してしまいました。
アメリカの出品者からの購入だったので、完全に送料負けでしたが・・・

DAVID GARRICKのライヴ・アルバムはカナダや西ドイツのみの発売だったと思います。
P8110011.JPG
これはカナダ盤です。
ちなみに、この時期の彼のバック・バンドはBADFINGERの前身であるIVEYSです。

AFTER TEAはオランダのサイケ・ポップ・グループですが、これは英DECCA系の廉価レーベルACE OF CLUB盤です。
P8110015.JPG
このUKオリジナル盤は割と高価なことが多いのですが、安い価格で落札することができました。
これもCDは所有しているんですけどね(苦笑)

以上がeBayで購入したレコードです。

残りは国内のネット・オークションで購入しました。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

6月の買い物 [レコード店]

先々月の話になってしまいますが、6月に地元のレコード店で買い物をしてきました。

訪問した店は3店舗です。

「文教堂書店」(札幌市白石区南郷通8丁目北1-5)
「Page ONE」(札幌市豊平区平岸1条9丁目2-17)
「Beat Records」(札幌市中央区南2条西4丁目)

結論から言うと、最初の2店舗では収穫がありませんでした。
文教堂書店はマニアやコレクターの方の大量処分があると面白い品揃えになるのですが、今回は特に変わった物はありませんでした。

Page ONEは値段が高すぎますね。
私の感覚で2000円前後の物が2800~3000円くらいで売られています。
品揃えは豊富なんですけどね・・・

最後のBeat Recordsでは下記の4枚を購入しました。

まずは、DC5の『5BY 5』です。
P6240005.JPG
USオリジナルのモノラル盤ですが、前に所有していたモノラル盤はジャケットがボロくて処分したので買い直しました。
価格は2500円くらいでした。
内容的にはわざわざ買い直す必要があるかどうか疑問なアルバムですけどね(苦笑)

次は、THE ANGELSの『MY BOYFRIEND'S BACK』
P6240006.JPG
USオリジナルのモノラル盤ですが、裏ジャケにウォーター・ダメージがあるために価格は1000円でした。
問題があるのは裏ジャケだけだったので、非常に良い買い物だったと思います。

さらに、THE AMERICAN BREEDの1stアルバム。
P6240007.JPG
USオリジナルのステレオ盤で、価格は1200円でした。
この辺は不人気盤なのでしょうか?

最後は、EARL VAN DYKE AND THE SOUL BROTHERSの『THAT MOTOWN SOUND』です。
P6240008.JPG
USオリジナルのステレオ盤で、価格は2000円でした。
これはインスト・アルバムですが、非常に興味深い内容でした。
買って良かったアルバムです。

また、6月には渋谷の某ディスクユニオンでも買い物をしました。

そちらの収穫は下記の5枚です。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Discogsでの買い物 その2 [雑記]

先日、Discogsで試験的に中古レコードを2枚購入しました。

そのうち1枚はアメリカの出品者からの購入でした。
P7220007.JPG
これは盤がG+、ジャケットがVGという微妙な評価でしたが、特に大きな問題はありませんでした。
盤も小キズはありましたけど、普通に聴けましたしね。
試験的な買い物にしては色々な意味で危険度が高いような気もしますが、これはこれで面白いアルバムでした。
金額面では確実に高い買い物でしたけどね(苦笑)

もう1枚はイギリスの出品者からの買い物でした。
P7280008.JPG

P7280009.JPG
JOE BROWNの『A PICTURE OF YOU』です。
BEATLESファン、特にGEORGE HARRISONのファンの方にはお馴染みの人ですね。
JOE BROWNは英PICCADILLYから出ていたライヴ・アルバムを持っていたのですが、彼の代表曲である「A PICTURE OF YOU」が収録されている本作はなぜか未所有でした。

このアルバムは送料を含めて1400円ほどでした。
これも送料負けしてしまいましたが(苦笑)、総額でこれくらいなら損した気はしません。
やはり送料が高すぎるアメリカよりも、イギリスからの方が買いやすいかもしれませんね。
盤とジャケットの評価は共にVG+ということでしたけど、このクラスの評価なら問題は無さそうです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -