So-net無料ブログ作成

第5回札幌レコード店ツアー 2019 [レコード店]

先日、いつもお世話になっている音楽ブログ『analog Beat』の管理人であるJDさんとご一緒に、札幌市内のレコード店回りをしました。

JDさんと札幌市のレコード店回りをするのはこれで5回目です。
実はブログの記事にしていなかったのですが、JDさんとは昨年の同じ時期にも「第4回札幌レコード店ツアー 2018」を敢行していました。

今年も昨年とほぼ同じルートでレコード店を訪問しました。

最初に訪問した店は、地下鉄東西線南郷通7丁目駅近くの「文教堂書店」(白石区南郷通8丁目北1-5)です。
文教堂書店は店舗の半分で古本、残りの半分で中古レコード・CDを扱っているのですが、パッと見ではとてもレコードを扱っているお店とは思えません。
しかし、ここは意外な掘り出し物が出てくることがあるお店です。
今回購入したのはこの盤です。
P9210001.JPG
ALBERT KINGの『YEARS GONE BY』です。
これはUSオリジナル盤か2ndプレスだと思われます。
元々の価格は1200円でしたが、持っていた200円の割引券が使えました。
他にも欲しい盤がいくつかあったのですが、最初の1店舗目から荷物を重くしてしまうのはどうかと思って自重しました。

昨年は文教堂書店から徒歩10分くらいの場所にある「サイクルレコード」(白石区本郷通(南)5丁目南4-18)も訪問したのですが、今年は時間が無かったので行きませんでした。
この店は日を改めて訪問したいと思っています。

その後、文教堂書店から歩いてすぐの場所にあるスープカレーの老舗店「マジックスパイス」(白石区本郷通8丁目南6-2)で昼食にしました。
昨年もこの店で食事をしたのですが、JDさんとは昼にスープカレーを食べるのが恒例行事になっています。

昼食後は、札幌市電の東屯田通り停留所近くにある「音楽創庫タナカ 」(中央区南22条西9丁目1-38電車通り)に移動します。
ここはマニアやコレクターの処分品など掘り出し物が期待できる店ですが、今回もそれはありました!
P9210003.JPG
『THE MOTOWN REVUE VOL.2』です。
USオリジナルのモノラル盤で、価格は驚きの800円でした!
これは再発盤だとしても安い値段です。
通常、オリジナル盤でこの状態なら4倍以上の価格が相場でしょう。

このお店で驚いたのは、混み合っていた店内に外人さんがいたことです。
札幌でも狸小路商店街の店なら外人さんがいても不思議ではありませんが、こんな場所(失礼!)にまで出向くとはびっくりしました。
昨今のレコード・ブームは地方店舗にも波及しているのでしょうか。

続いて、札幌市のレコード店密集地区である狸小路商店街に移動します。

まずは、狸小路1丁目近くにある「ファイブ・ワン」(中央区南2条西1丁目第3広和ビル2F)を訪問しました。
ここは札幌市内で最も新しくオープンした店で、地下鉄南北線平岸駅の近くにある「Page ONE」の姉妹店でもあります。
JDさんはこの店で数枚のレコードを購入されていましたが、私の収穫はありませんでした。

次は狸小路2丁目にある「KING KONG」(中央区南3条西2丁目)です。
ここで購入したのはこの盤です。
P9210002.JPG
ERIC BURDON & WARの『LOVE IS ALL AROUND』です。
帯付きの国内盤で元々の価格は1000円でしたが、10%割引のセール期間中だったので購入価格は900円でした。

続いて訪れたのは「Beat Records」(中央区南2条西4丁目)です。
このお店では新入荷が数多くあったのと、売れ残りの商品が大幅値下げになっていたので、非常に見ごたえがありました。
そんなわけで、ここでは3枚のレコードを購入しました。
P9210006.JPG
まずはJIMMY SOULの『IF YOU WANNA BE HAPPY』です。
USオリジナル盤のモノラル盤で、価格は2000円でした。
これは前から探していたアルバムですが、2000円という値段は格安です。
しかし、残念なことに盤面の状態はあまり良くありませんでした。
それでも音質にはそれほど影響がなかったので、購入して良かったと思います。

P9210005.JPG
次は『MOTOWN REVUE IN PARIS』です。
これもUSオリジナル盤で価格は1800円でした。
しかし、疑似ステレオ盤だったので少し躊躇しましたが、話のネタに購入してみました。
この疑似ステレオはまだ許容範囲内の音でした。

P9210004.JPG
最後は、THE WAILERSの『THE FABULOUS WAILERS』です。
NORTON RECORDSからの再発盤で、価格は500円でした。
このアルバムはNORTON盤のCDも持っていますが、この値段なら買っても良いでしょう。

狸小路商店街の最後は、狸小路7丁目にある「フレッシュ・エアー」(中央区南2条西7丁目)に行きました。
ここは札幌の有名店舗(?)です。
店内は混雑していましたが、ここでの収穫はありませんでした。
やはり、この店の価格は少し高いように感じます。
これまで私が購入してきたレコードの最高金額は2000円でしたからね。

「フレッシュ・エアー」を出た時点で時刻は午後6時半でした。
ちなみにJDさんはここまで10枚以上のレコードを購入されていました(笑)
元々の予定では地下鉄南北線平岸駅の近くの「Page ONE」に行こうと思っていたのですが、Page ONEの営業時間は午後7時までです。
そのため、地下鉄南北線北18条駅近くの「楽音舎」(北区北18条西5丁目)へ行くことにしました。
楽音舎の営業時間は午後8時までです。

しかし、楽音舎まで行ってみると、どういうわけか店が閉まっていました。
まだ時間は午後7時くらいだったのに・・・
(失礼ながら)店が潰れてしまったのかと心配したのですが、どうやら店主がレコードの引き取りに出かけていただけのようです。

というわけで、今回の札幌レコード店ツアーで営業時間中に訪問したのは全6店舗でした。
個人的には今までの中で今回の収穫が一番良かったように思います。

その後は、JDさんの宿泊先近くの居酒屋さんで食事をしました。
昨年は某ヤフオクで話題(?)だった「○洗浄」、「ギガ・レア」のお話で盛り上がりましたが、今年はTHE WHOや次回のレコード店ツアー計画などの話で楽しませて頂きました。

食事が終わって、JDさんとお別れしたのは午後11時半頃でした。
JDさんの宿泊先で待ち合わせをしたのが午前10時半だったので、丸一日ご一緒していたことになります。
今回も一日中音楽漬けで非常に楽しい時間を過ごさせてもらいました。

今から次回が楽しみです!


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

JD

Poposukeさん、こんにちは。

詳細なレポート、ありがとうございます。
今回もお世話になりました。
僕も今簡単な紹介記事をアップしました。

そうそう、Live aidのWhoの話、僕は「あばたもえくぼ」だったかもしれないですね。
ああいうラフな格好で登場した彼らを初めて見たことや、解散後まさか再結成して出演するとは思っていなかった驚き、Peteが足蹴りしたまま倒れてしまうぐらい思い切り演奏していたことなど、ファンとしてとても盛り上がってしまいましたね。

by JD (2019-09-22 16:35) 

poposuke

JDさん こんばんは

こちらこそ先日は大変お世話になりました。
お土産もおいしく頂きました。

あれからLIVE AIDのDVDを見返してみましたが、思っていたほどWHOの演奏は悪くなかったです。
少なくとも、解散ツアーの映像よりはだいぶマシでした。
私はLIVE AIDをリアル・タイムで見ていなかったので、このコンサートについての思い入れが強くなかったのかもしれませんね。

by poposuke (2019-09-23 23:05) 

lts

う~…いつかは自分の北の大地レコ屋巡りツアーに参加したいです。詳細なレポートありがとうございました。
by lts (2019-10-05 16:28) 

poposuke

ltsさん こんばんは

札幌のレコード店は首都圏の店舗と比較すると、残念ながら質・量ともに見劣りします。
しかし、北海道観光を兼ねてならお越しになる価値があるかと思います。
一日時間を空けて頂ければご案内しますよ!

by poposuke (2019-10-08 23:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。